マカサプリメンで食生活が改善され、健康になった

医薬品と健康食品の違い

マカサプリメンで食生活が改善され、健康になった

医薬品は厚生労働省の認可を得て使用されている薬であり、薬効があるということが保証されています。
それに対して健康食品やサプリメントはそのものが認可を得ているわけではなく、臨床試験などを通してその有効性が統計的に優位であるという科学的根拠をもっているものではありません。

しかし、使われているものの有効成分あるいは原料全体が歴史的に薬として使われてきたものであったり、動物実験等で有効性が示されているものであったりしているため、サプリメントはある程度の根拠をもって健康に寄与するものであると考えられています。
しかし、サプリメントは食事ともまた違い、それを摂取していれば健康になれることを保証するものではありません。

マカサプリメントで食生活が改善され、健康になったということがありますが、これはマカの補助的な効果に加えて、食生活の改善が行われたため、総合的に健康的な生活を送るために必要な条件が整えられたものだと言えます。

このようにサプリメントや健康食品は医薬品とは違い、直接効果があるという保証があるわけでもなく、食事と違い、それだけですべての栄養が賄えるというものではありませんが、補助的に用いることによって健康的な生活を送るための補助にできるというものです。

医薬品や食品との相違点をきちんと理解して適切にサプリメントや健康食品とつきあっていけば、自分が理想とするような日常生活を送れるようになるでしょう。