健康食品の代表はイチョウ葉サプリ

医薬品と健康食品の違い

健康食品の代表はイチョウ葉サプリ

イチョウは銀杏の実を付ける植物です。
秋になると黄色く葉が色づくのが特徴で、この時期になると木の種類により銀杏の実を付けます。

イチョウ葉というのは、フラボノイドと呼ばれる成分が豊富に含まれており、イチョウ葉から抽出したサプリメントも有ります。
尚、このエキスには血管拡張作用や抗酸化作用、血小板の抑制作用を持っています。
また、これらの作用により脳の中から末端に至る、血流を良くする効果が期待出来るのです。

また、認知症や記憶障害などに対する効果もありますし、脳機能障害にも効果が在ると言われており、認知証、緑内障の治療に使われている医薬品にも有効成分が含まれている、医療の分野でも活用されている成分なのです。

更に血流改善効果や冷え性の改善にも効果を得られるのが特徴で、イチョウ葉の有効成分が含まれているサプリメントを使って摂取していくことで健康効果や高血圧など様々な予防効果を期待出来るのです。

尚、サプリメントは健康食品であり、食事を中心にして考える事が重要です。
医薬品とは違い、即効性は有りませんので、摂取していく中で徐々に身体への健康効果を期待出来るようになります。
また、医薬品は医師の処方が必要となりますが、サプリメントは自ら選んで購入出来ると言う違いが有ります。

但し、注意をしなければならない事が有ります。
それは用法用量を守り摂取する事と、病院などからの処方箋を受けている人は担当医に相談の上で利用していくことが大切なのです。